フリーエンジニアの将来性を高める能力

エージェントを利用して仕事の獲得を行っているフリーエンジニアは将来的な仕事の手に入れ方について考えることが重要になる。

エージェントは数多くのエンジニアを抱えており、常に新しく若い世代の人材を増やしていっている。企業からの依頼の数も時代の傾向として漸増している傾向はあるものの、増加する登録者の数に勝るほどの勢いはない。そのため、必然的に体力も気力も将来性もある若い世代に仕事を割り当てがちであり、将来的に紹介してもらえる仕事が減ってきてしまう。企業に対して直接の営業活動を行っていない場合には企業のとのつながりも軽薄な場合が多く、年齢を重ねるにつれて段々と仕事の獲得が難しくなってしまうのがフリーエンジニアの道なのである。

しかし、生きて生活をしていくためには収入を途絶えさせないことが重要になる。将来の道として考え方は2つあり、年老いても担える仕事に向けてスキルを開発するという方法と、転職によって定年まで働ける職場に入るという方法とがある。いずれの場合においても最先端の開発現場ではなく、ベテランとなってこそ活躍できる職種を選ぶことが重要であり、基本的にはプロジェクトリーダー等の管理的な仕事を行える人材となることが大切になる。そのため、どちらの道に進むにしても考え方としては統括力や管理能力を身につけることが重要であり、それができることで将来性の高い人材として認められるようになるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です